MacBook Airのバッテリーを交換した話

2013年に個人売買で自分のものになったMacBookAir (11インチ mid 2011)
モデル。
SSDが256GB、Core i7なので、ブラウジングやちょっとした作業なら不便なく動くマシン。

しかし、バッテリーが弱ってきているらしく、ACアダプタが外れていると30分持たずに動作が出来なくなってしまいました。

新規に買うか、修理をするか…と調べていると偶然Amazonのタイムサービスに互換バッテリーがあることを発見。評価も悪くなかったので、それに変えることにしました。


1.買ったもの

SOLDA バッテリー
商品名の日本語は怪しいですが、評価は悪くなく、通常価格が6,599円のところ、タイムサービスで5,609円でした。

箱の中にはバッテリーの他、2種類の太さの星型ドライバーが入っていました。ただドライバーはそれほど丈夫ではないので、オマケ程度と考えるほうが良いと思います。


2.取り付け

※自分で交換した場合、保証などは効かなくなります。自己責任でお願いします

まずは裏蓋を開けます。
ネジは全部で10箇所。
ヒンジの部分の2本だけ長いネジでした。

続いて、内部。

ネジは全部で5本。場所を忘れないようにしましょう。
外すときはバッテリーのコネクタを上に引き上げるようにすると外れます。
結構硬いので基盤に傷をつけないように注意!

外れたら同じようにつけるだけ。
バッテリーのセル数が変わっていますが、問題なくつけることが出来ました。
あとは元通りにネジを締めていくだけ。


3.その効果

変える前

変えた後



健康度が101%という恐ろしい健康優良状態でございます。
途中の写真でお気づきの方もいると思いますが、バッテリーのセル数が減っていますが、容量は増えており、その状態もマシン側から確認することが出来ます。

初期容量も若干増えておりますが、今のところ不具合なく使用することが出来ております。

今回、5000円台で延命作戦を決行できたのは色々とラッキーでした。

2017年8月19日 17:46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)